忍者ブログ
キャッシングブログ
[31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サッカー日本代表は31日、モンテネグロ戦に備え、静岡エコパスタジアムで約1時間の公式練習を行った。イビチャ・オシム監督(66)は、絶不調のFW巻誠一郎(26)=千葉=に代わり、FW矢野貴章(23)=新潟=を初先発させることを示唆。FW高原直泰(27)=フランクフルト=の新パートナーとなるポストプレーヤー探しに着手する意向で、巻は先発はく奪、エース降格危機に直面した。

不調の巻がエース失墜の危機だ。オシム監督は近い関係者に「日本にはターゲット(ポスト役)となる選手が少ない。巻の状態が良くない。技術的にはあれ以上伸びないだろう。高原はシャドー(ストライカー)だが、矢野はその候補だ」と悩める胸の内を吐露していた。その言葉を反映するように、29日に続き、この日の練習でも先発濃厚なFW高原と組んだのは、今季リーグ戦で4得点の矢野。指揮官は試合当日に先発を決めるが、モンテネグロ戦の先発が濃厚だ。

 巻は今季リーグ戦でも13試合で1得点のみ。最近は精彩を欠く場面が目立つ。巻を代表招集した7試合では、必ず先発起用してきたオシム監督も、新たなポストプレーヤー探しに着手せざるを得ない状況になったようだ。FW播戸と組んだ巻は、ゴール前で得意のヘディングをミスするなど、絶不調ぶりは相変わらず。先発とみられる4バックの「調整役」を任せられる屈辱も味わった。

 オシム監督は先発に関して「サッカー界の考え方で、親善試合というものは、新しい選手、少ししか出場を与えられていない選手に、チャンスを与えることが常識。初めて呼ぶ選手を観察するチャンスでもある」と説明。「スタイルを知っている中心選手は必ずしも先発しない可能性もある」と千葉監督時代から実力を把握している巻よりも、今年2月に初招集し、3月のペルー戦で22分間使っただけの矢野をテストとして先発ピッチに送り出すことを示唆した。

 矢野は、転がり込んできたチャンスに鼻息を荒くする。「自分のいいところは、動き続けて、人のためにスペースを作る動き。そういうのを出していきたい。FWだし、点が取れたらうれしい」初先発初得点で、存在感を高める意気込みだ。

 練習後、無言で選手バスに乗り込んだ巻。3連覇のかかるアジア杯につながる重要なキリン杯2試合。不動のエース・高原のパートナーは、巻か矢野か。オシム監督が非情なテストに打って出る可能性は高い。

【スポーツ報知より】

<PR>

芸能人風ブログ
浦島太郎
メルのキャッシング美容日記
私の最先端ブログ日記12
綺麗になりたい
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/12 fegqj]
[03/09 tube8]
[02/17 mehpgxlx]
[12/31 lesbian]
[12/28 ultram]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索